海外医薬品の個人輸入について

個人輸入とは?

個人輸入とは、日本以外の国でつくられた製品を個人が使用することを目的として、旅先で購入したものを持ち帰ってきたり、インターネット等を使って取り寄せをしたりする行為の事を指します。

医薬品に関して言うと、個人輸入を行った製品は、日本の医薬品医療機器等法で定められた確認が行われないため、安易な購入は不利益やデメリットが生じる恐れもあると言われています。

個人輸入代行業者は業として行うことが出来、個人が海外製品を購入する手助けをします。

個人は業者に対して注文と代金の支払いを行い、代行業者は取りまとめの注文と支払いを海外の業者に対して行います。

商品の発送は海外の業者から直接行われ、代行業者が関与しない手順が薬事法を遵守したかたちになります。

医薬品の個人輸入の制限

医薬品の個人輸入関して言うと、処方箋薬や劇薬(毒薬)を除いた外用薬は標準サイズで1品目につき24個以内とされています。

ドリンク剤や養毛剤、入浴剤などの穏やかな作用があるものは日本の薬事法において医薬部外品とみなされることもありますが、
これらを個人輸入した際には医薬品と同じ扱いを受けることになります。

また海外で販売されているサプリメントを含む食品も、医薬品的な効果や効能が謳われているものは医薬品とみなされる場合があります。

処方箋薬や劇薬(毒薬)は用法用量の面からみて1ヶ月分以内とされ、これら以外の医薬部外品や医薬品は用法用量からみて2ヶ月分以内という決まりがあります。

向精神薬や麻薬は、一般の個人が輸入することは出来ず、違反をした場合には処罰の対象とみなされます。

海外医薬品は大丈夫なのか?

個人で医薬品を輸入し、それを個人が利用する行為に対して違法性はありません。

しかし、個人輸入で入手した薬などは日本の法律に基づいた安全性や有効性、品質の保証などがなされたものではないので、

副作用がみられた際には適切な処置が施されない場合もあり、輸入代行業者への責任追及も行えないところが多くみられます。

最近はインターネットの普及や健康志向の高まりから、個人輸入を行う人の数が増加傾向にあり、

こういった事象から健康被害の発生や違法行為を認識した代行業者の数なども増えつつありますので、

個人輸入代行業者を介して輸入する場合は、信頼できる代行業者を見つけることをおすすめします。

また、個人輸入を行った薬の説明書等が正確に理解できるので大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、

成分や分量、起こりうる副作用などがきちんと記載されていないものもあります。

医薬品の個人輸入を考えている人は医師や薬剤師などの専門家に相談することが推奨されています。

医療分野で先進国なタイとインド

タイの主要都市にある公立病院や代表的な私立病院の医療事情は、概ね良好だと言われています。

特に首都バンコクにある代表的な私立病院は医療の水準がかなり高い事でも有名です。

またタイは美容先進国と呼ばれることもあり、美容は勿論、性転換や育毛などと言ったあらゆる分野で注目を集めています。

そして、先進国の医療水準と遜色がないと言われているのがインドです。

都市部の私立病院は最新の医療機器が備えられ、外来の担当医師も質が高いと言われています。

高度な医療を割安で受けられることもあり、メディカルツーリズムの市場でも注目されています。

日本でも最近よく耳にするようになった伝統医学のアーユルヴェーダですが、インドでは医療行為として認識されておりクリニックなども設けられています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ